Search this site
九総ホームスタッフの日常を綴ります
<< 防災シリーズ2 | TOP | 大変な草抜き不要!防草シート工事 >>
防災シリーズ3

 

今回は防災シリーズ「がれきの下敷きになった人を救助」編をお送りさせて頂きます。

 

大規模な地震や災害が起こった時、レスキュー隊や救急車等は駆けつける事が出来ません。

もし瓦礫の下敷きになって、瓦礫をあげられれば助けられそうな時、

身近な物を使って助け出す方法です。

(※その時はしっかり状況を見て無理はしないでください)

 

車の中には、パンクした時の予備のタイヤと一緒に

車を持ち上げるジャッキが入っています。

大体の物は700kg以上の物を持ち上げる事ができるので、

ちょっとした瓦礫の隙間にジャッキをかければ、

重い瓦礫や倒壊物などをよける事が可能です。

ただ、被災地ではジャッキを使う足場が不安定な場合が殆どなので、

少し上げる度に隙間に角材(その辺に転がっている硬いもの)

などをかませ、ジャッキのズレによる再落下を防ぎながら

ジャッキを上げるようにしないといけません。

 

ジャッキを使われた事のない方は、一度自分の車のジャッキの

使い勝手を確認しておくと、いざという時に役立つと思います。

 

同時に大型バール(750ミリでホームセンターで2,000円前後)

があればさらに瓦礫をよけるのに重宝します。

 

※ジャッキが車載されている場所は車種により異なります。

 トランクの下や助手席の下、軽トラックなどではシートの後ろに

 装備されていることもありますので、分からない場合は

 車の説明書で確認しましょう。

 普段からある場所を把握しておくといいと思います。

 

 

実際に、阪神淡路大震災で倒壊した建物から生き延びた方の8割は

家族や近所の住民の方からの救助だったそうです。

救助の仕方を覚えておいて、いざという時は家族や近所の方をぜひ助けたいですね。

 

 

 

posted by kyuso | 16:20 | そのた | - | - |